WEB

LaravelでSailとInertia.js(React)を使用した環境構築の手順

WEB
この記事は約2分で読めます。

はじめに

今回はLaravel,React,docker環境のお手軽構築手順を備忘録として残します。

開発環境

  • mac
  • VScode
  • Laravel 11.0.3

前提条件

  • Docker Desktopがインストールされている
  • Node.jsがインストールされている
  • Composerがインストールされている

手順

Docker開発環境の構築

今回はプロジェクト名をexample-appとしています。
特に設定しない場合はデフォルトでmysqlredismeilisearchmailpitseleniumが設定されます。

<code>curl -s "<https://laravel.build/example-app>" | bash

Laravel Sailの起動

プロジェクトディレクトリに移動し、Sailを起動します。

cd example-app
./vendor/bin/sail up

sailコマンドを登録

~/.zshrc または ~/.bashrc に追記

alias sail='[ -f sail ] && sh sail || sh vendor/bin/sail'

Laravel Breezeのインストール

BreezeはLaravelのシンプルな認証システムです。以下のコマンドでインストールします。

sail composer require laravel/breeze --dev

インストール後、Inertia.jsとReactを選択してセットアップを行います。

sail artisan breeze:install react

アプリケーションの起動

依存関係をインストールし、開発サーバーを起動します。

sail npm install
sail npm run dev

ブラウザでhttp://localhost/にアクセスし、Laravelのウェルカムページが表示されれば成功です。

おわりに

この記事では、LaravelでSailとInertia.js(React)を使用した環境構築の手順について紹介しました。Dockerを利用することで、開発環境のセットアップが簡単に行える点が魅力です。是非、参考にしてみてください。

参考文献