その他

Mojo🔥なる言語を触ってみた

この記事は約2分で読めます。

こんにちは,ツジです.

今回は最近話題になりつつあるMojo🔥という言語をちょっと触ってみたので,どんなものなのか感想みたいなことを書いていこうかと思います.

そもそもMojo🔥とは

公式より

こちらの動画でMojoについて紹介されています.
英語で日本語の字幕(翻訳)もないので,気合い入れて聞いてみてください.

Pythonの構文でC言語のパフォーマンスが出るらしい?

自分のポンコツ英語力を駆使して色々と調べた結果,どうやら『Pythonの書き方でC言語のパフォーマンスが出せる』というのが特徴らしいです.

特に動画内で「Pythonよりも35000倍高速」と言っています.すごいですね(語彙力)

まだ雰囲気でしかこの言語については理解できていないですが,この言語が一般的に普及するようになったら,AI界隈にまた一波乱が起きそうな予感がします.

実際に触ってみる

まだローカルで動かせるようにはなっていない

自分のローカル環境ではまだいろいろといじれないので,公式に使いたいよって連絡をする必要があります.(公式サイト)

メールアドレスなどいくつかの情報を送ると,登録したメールアドレスにMojo🔥を触れるJupyterHubのリンクが送られてくるので,アクセスすると色々と遊べるようになります👍

色々と触ってみての感想

元々自分がPythonを使っていたという部分も大きいですが,個人的にはかなり書きやすいなと思いました.
大規模なデータ処理などはまだ試してませんが,この構文で高速処理も可能になってるんですから,すごいな〜って感じました.(語彙力)

さいごに

今回は本当に触ってみただけなので,この言語の本質は自分にはまだ分かりませんでしたが,近々こういう言語が公開されるよって伝えられたのは良かったかなと思います.

こうした新しい言語についての紹介も,今後簡単にでもいいのでしていけたらいいなと思います.

ここまで読んでいただきありがとうございました!