AWS

[AWS Fault Injection Simulator] Amazon Fault Injection Simulator は、Amazon CloudWatch Logs やAmazon S3 へのロギングをサポートするようになったようです

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。高瀬です。

今回は、「Amazon Fault Injection Simulator は、Amazon CloudWatch Logs やAmazon S3 へのロギングをサポートするようになったようです」を解説します。

Amazon Fault Injection Simulator とは

AWS Fault Injection Simulator とは、カオスエンジニアリングで使用できる、フォールトインジェクション実験用のサービスです。CPUやメモリの消費量の突然の増加などの破壊的なイベントを作成し、システムの応答を観察し、改善を実装することで、テスト環境または本番環境でアプリケーションにストレスを与えることができます。

多くのアクションタイプでは、リソースにエージェントをインストールする必要がありませんが、CPU使用率やメモリ使用率の増加など、インスタンスレベルの障害には、SSMエージェントが必要です。

現在は、Amazon EC2、Amazon EKS、Amazon ECS、Amazon RDS などに対して実行することができます。

ストレステストツール - AWS Fault Injection Simulator - Amazon Web Services
AWS Fault Injection Simulator は、隠れたバグを発見し、盲点をモニタリングし、パフォーマンスのボトルネックを発見するために必要な実環境の条件を作成するのに役立ちます。

カオスエンジニアリングとは

カオスエンジニアリングは、サーバの停止やAPIスロットリングなどの破壊的なイベントを作成し、システムの応答を観察し、改善を実施することにより、テスト環境または本番環境でアプリケーションにストレスを与えるプロセスです。

追加されたロギングについて

ログを、Amazon CloudWatch Logs またはAmazon S3 へ送信することで、実験アクティビティを記録できるようになりました。ログには、開始時刻と終了時刻、アクション名、ターゲットリソースのARNなど、実験、アクション、ターゲットに関する詳細情報が含まれています。

これらのログを使用して、実験によって実行されたアクティビティを識別し、それらのシステムのレスポンスを監視ツールなどと関連付けて調査することで、改善を実装できます。

ロギングはデフォルトでオフになっているため、マネジメントコンソールやAWS CLI を利用して設定を投入する必要があります。

参考AWS記事

Amazon Fault Injection Simulator が Amazon CloudWatch Logs および Amazon S3 へのロギングをサポートするようになりました